くらげの空

トイデジに出会って始めた写真ブログです。気が向くままに撮ってます。VQ1015ENTRY、SQ30mL、DIGITAL HARINEZUMI、Vivicam5050で。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

万年筆の思い出。 


VQ1015ENTRY

子供の頃、ばあちゃんの万年筆が欲しくてたまらなかった。

白い細身の軸に銀色のキャップ。ペン先から出る明るめの青いインクが、とても格好良かった。



ちょっと貸してー

だめっっっっ



引っ叩かんばかりの勢い。

万年筆は人に貸すもんじゃないとのこと。ましてやお絵描き好きな小さな子供になど。。。

なんでーなんでーなんでーーーーー。

ペン先の減り具合は人によって違う。だから、自分だけの書き味になる。だから、人に貸すもんじゃない。

とゆーよーなことを言われたと思う。

それに何より、力任せに書いてペン先を駄目にしかねない。



ふぇー。

そんなことを聞くと余計に自分だけのものが欲しくなる。

自分だけの、自分だけのやつ!買ってーーー!と、おとなになるのが待ちきれず、父にねだった。

が、すぐには買ってくれなかった。





そして確か何年か後に、扁桃腺の手術で入院した時に再び思い出してねだった。

長期の入院ではないが、ちょっとかわいそうに思ったのか意外とあっさり買ってくれた。

子供用と思われる黄色いプラスチックのボディの万年筆だった。ばあちゃんの美しい万年筆とは違うけど、

そりゃーもう嬉しくて、嬉しくて。枕元に置いて寝た。

人には貸さないんだーー☆と思ってた。

じっくり眺めた。



。。。

子供の私に、万年筆で文字を書く機会は大してなく。

間違ったら消せないから、学校のノートには書けないし。

そうやって、大事なものを持ってるというわくわく感だけをしばらく持っていたが、いつしか忘れていた。

先週急に、そのことを思い出した。

週末ばあちゃんの法事があったからかなぁ。



ばあちゃんの白い万年筆と私の黄色い万年筆はどこにいったんだろう。


500e121110_0003_convert_20121112212116.jpg


にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ←もし気に入っていただけましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村
スポンサーサイト

文具たち! 



お気に入りの文具たち。

文具も大好き。

文具コーナーって、ついウロウロしたくなる。
カラーペンとか、持ってるじゃん!って思いながらも、つい買いそうになる。
つい、1本買っちゃったりする。

写真は、トラベラーズノートにラピスラズリをつけて。
ステッドラーの子供用万年筆。
それぞれ色の違うインクを入れてる。

あー。これもはまったんだよなぁー。
他にもFaber-Castellの子供用万年筆も2色買ったなぁーー。

もちろんどれもごりごり使ってたけど、最近はステッドラーの2色に落ち着いてる。

ステッドラーもファーバーカステルも
万年筆とはいえ、ぐりぐり絵とか描けちゃう気軽さとおもちゃみたいなカラフルさが好き。



ぼけぼけ、vivicam5050。



汚れまでくっきりXperia。。。

上から、Faber-Castell×2、Pelikano junior、STAEDLER×2。

敷いているのはいっつも出てくるお手製ずた袋。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。